モバイルテクノロジーと4Gインターネットの出現により、従来のギャンブルオンラインで容易にべるようになりました。通勤中や移動中にスマホで賭け事が誰でもできるようになりました。 

東南アジアにおけるギャンブルの背景 

東南アジアの大半の国々でギャンブルは厳しく規制されており、完全に禁止されていると言っても過言ではありません。例えばタイ現地住民にとって法的なギャンブルは、競馬とタイ政府提供の宝くじのみです。シンガポールにはマリーナベイ・サンズカジノがある他、「シンガポールプールズ」シンガポールターフクラブの法的な公営ギャンブルウェブサイトがあるだけです。 

言うまでもなく、天然資源がそれほど豊富でない発展途上国ではギャンブル産業収益と雇用の機会を生み出す貴重な産業であるため、ジレンマに陥ります。 

ギャンブル施設現地住民厳しく禁止されてい一方で外国人観光客、特に中国人に対しては大いにプロモーションされています。カジノ施設はウェブ開発機関、データセンター、カスタマーサービスなどのいろいろ面で地元の人々や中国人を雇用します。 

東南アジアにおけるカジノ産業の現状 

中には賭博を好み始めた国もあります。東南アジアでは、カジノが人気を集めつつあります。世界的に見てカジノは人気を博しており、東南アジアではパンデミック以前、カジノが巨大な成長を遂げました。 

現在では、実際のカジノの代わりにオンラインカジノでプレイするという選択肢があります。東南アジアのプレイヤーは、お気に入りクラシックカジノゲームをプレイする新しい方法を常に模索しています。幅広い最新のスロットマシーンだけでなくバカラなどのお気に入りのテーブルゲームをプレイできるようになり、遊びの探求に新しいレベルわっています 

渡航禁止令、規制と外出制限が課されたことで、特に東南アジア地域でオンラインカジノの需要が増加しています。 

今後有望視される東南アジアのカジノ産業 

渡航禁止令が緩和されるにつれ、東南アジアのカジノ市場は引き続き増加するでしょう。コロナウイルスのため課された規制と制限が緩和されると、産業にはブームが訪れると思われます。 

パンデミックは卑劣なもので、それが原因で多くのカジノが一時的に操業停止となりました。しかしながら、状況が不確かであるからといって、全てが失われた訳ではありません。カジノ産業は、この現状が過ぎ去った後に元の栄光を取り戻し、おそらく高速拡大し続けるでしょう。